忍者ブログ
命を賭して触れ合う無限の人々
2019/11
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヘイブンにIGAを目の敵にする輩が沸いているとの報告を受けてヘイブンに向かうと87bd8897.jpeg















到着早々IGAを目の敵にしていることがとても分かり易い発言の連発。

その後も
f568aa11.jpeg

91e73110.jpeg


なかなかのご高説ぶりである。

これは一度、灰色の世界にご招待しておかなければならないと思い、
念のため演習に向かう。
0f35c7e2.jpeg










76959d5a.jpeg














なるほど、彼がいつも連れまわし赤ネームにけしかけるだけのことはあるペットたちだ。 あとで彼自身語っていたが、持続ダメージが厄介だった。  

そんな戦闘のさなか、思いついた一つの考え。

急いで身支度を整え、幽霊になってヘイブンに戻る。
6edbb603.jpeg









ギルドメッセで事情を話すとGekkouとMuKKuが協力を申し出てくれた。

その後彼は情報聞き出し役のGhostにあれやこれやと話を始める。

彼のスキル構成が対ステルサー用にDHをいれたステハイテイマーで、スキルがきつきつなためアクセで補っていること、ペットにインビジをかけて潜ませた上でボーラを投げつけてPCを倒すという戦術、どこで聞きかじったのか眉唾なIGAの内部情報などを得意げに語っていった。

それから十二分に時が経ったころ、霊話の使い手MUGIが絶妙なアシストを入れた。
それがきっかけとなり、突如として彼はまるで死神にでもとり憑かれたかのように自らにマインドブラストを打ち始めた。


 そして・・・ 灰色の世界にいらっしゃいませ――!!


彼の死体は彼自身のブログに晒されているのでこちらでは割愛いたします。
PR
Admin    Write    Res
visitors
sponser
忍者ブログ [PR]