忍者ブログ
命を賭して触れ合う無限の人々
2017/12
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 543336ee.jpeg














  深夜のヘイブンに行くと数人が話をしており、 なにやらラビリンスに行くとかいかないとか。
ラビリンスといえばおっかない牛と黒いサソリとレプ太郎がたくさんいるので、これは混乱に乗じてPKの一つもできようかと思い、先回りして待ち伏せすることにした。

f4dd05bf.jpeg














  しばらく待ち伏せをしていると、現れたのはUrzaという名の黒ドラ乗り。
「そんなの、さっきいた?」と疑問を抱きつつも、ほかにもくるであろ彼の仲間たちの到着を待ちつつ、これから起こるであろう事態を予想しながら対策を練る。

UrzaはEVを出し牛戦士たちと戦い始めるが、連れは現れない。 おそらくさっきのグループとは別口なのだろうと断定し、攻撃の隙を窺う。

攻撃といってもワシの攻撃手段は毒ダガーでの一撃のみ、牛戦士が倒れてアイテムをルーとする瞬間こそが攻撃の時だとその一瞬を待つ。

数回空振をした後、ようやく毒ヒット。 同時に牛戦士との戦いに生き残ったEVがワシをロックオン。

一度外に出てEVをまき、ハイドしなおして再突入すると、UrzaはHPの8割を残してあっさり5毒の解毒に成功していた。

セカンダリーのSMも使えない現状でこれ以上の戦いは勝ち目がないとあきらめて外に出ると。

「殺人者として報告されました」とのシステムメッセージ。



どうしたのかと中の様子を見に戻ると、彼は牛戦士相手に戦死していた。

一応荷物だけでものぞいておこうかと、死体を検めているとあっという間にUrza蘇生して復帰。 

そして、その直後現れたのは
6e23105d.jpeg











そうそうたる面々。 

はい、無理。

ラマでステルス逃亡して帰還。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
誉の惨事
これは数日前の話。   家でアイテムを整理していると、ニコ動生中継で人気上昇中のUrzaが土エレを2体連れて通りかかった。 ステルスでついていくと、土エレにガマンを攻撃させて狩を始めた。 うっかり姿を出してしまったものの逃げる様子も無いので、すぐ隣まで行って似非ラマに乗ってからアタック。 ゲート近くまで追いかけて一応とどめは刺せたものの、死体を検める間もなくしてMellisoが登場。 前回も...
URL 2009/04/10(Fri)16:10:22
Admin    Write    Res
visitors
sponser
忍者ブログ [PR]