忍者ブログ
命を賭して触れ合う無限の人々
2017/12
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日のこと。

このブログに載せたことで知っている人も増えたようだが、 まだまだいけそうだ。
この日も何人かがアイテムやお金に立ち止まって、攻撃の隙を与えてくれた。 

fd2205c9.jpeg  











 一人目の被害者。


まもなくして二人目が登場。

cb2d2160.jpeg 






ステハイでアイテムの周りをうろうろしていたこの方も肝心の罠領域のど真ん中で姿を現したのでアタック。

ことはすぎるくらい順調に進んでいたが所用で一時帰還。


時を置いてばら撒いたアイテムも消えたころ再びヘイブンに行くと

857a1430.jpeg












ヘイブンの入り口門に散乱するアイテムを発見。
模倣犯の仕業か? と思ったが見覚えのある武器や防具なので誰かがPK桶狭間から拾ってきてここに捨てただけらしい。


再びアイテムを配置して潜伏していると、3人目の獲物登場。

72e97e5d.jpeg














f897f044.jpeg




しかしこの方、盾装備でこちらの攻撃をかわしながら、お金だけを拾い集めて逃走。 これを実に3回繰り返された。釣りをしていて、魚に餌だけを持っていかれたときに似た気持ちになった。 一度は毒攻撃をヒットさせたものの致命傷には至らなかったようだ。 

隙を突き、不意を打っている以上、仕留められなければこちらの負け。 3人目の方には完敗だった。

限られた攻撃の機会でしとめる方法を検討する必要があるな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Admin    Write    Res
visitors
sponser
忍者ブログ [PR]