忍者ブログ
命を賭して触れ合う無限の人々
2017/09
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ヘイブンゲートに程近いガード圏の狭間、「IGA 通りゃんせ」が繰りひげられるあの場所に、
アイテムを撒き散らしておく。
e6459ed4.jpeg














「この上なく罠くさいが、もしかしたらただのブン投げで、ひょっとしたら掘り出し物の一つもあるかも知れない」
と思ってしまう人の心の隙をつこうというこの作戦。

アイテム散乱PK

959656cd.jpeg













午後のひと時ということもあり人通りもまばら、15分ほど待っただろうかやっと一人目の通行人。

しかしこの方、某アパートでお世話になったこともあるお嬢さんなので攻撃は自重。
赤くなっても一宿一飯の恩は忘れない。
「コラー」と声を掛けただけでこちらの事情を察してくれたらしく、散乱アイテムを若干追加してくれた。

b2485e2d.jpeg







この後すぐに一人目の被害者。 アイテムに気を取られたのか純粋な通行人なのか分かりにくかったものの、罠領域のど真ん中で一旦立ち止まったので、アタック。

1b5e07e9.jpeg







そして、二人目の被害者。 この方は若干警戒心が見え、アイテムが散乱する場所の周りをぐるっと走って一旦画面の外に消えたあと、ゲート側から歩いてきて物色を始めたっぽい。
いらっしゃいませー アタック。

蘇生して復帰後、
3bfc093c.jpeg
と叫んで走り去った。 気丈な人だった。

三人目の被害者、
60627e2d.jpeg 











正確には攻撃を入れただけで殺せていないので被害者ではないが、アイテム散乱PKの罠に片足を突っ込んでいただいた。

2.5ゲット まずまずの成果だと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
すばらしい!

創造力こそIGA魂です。
雷電 2009/04/02(Thu)09:40:32 編集
無題
恐縮です。
私まだまだ歩き始めたばかりです。
Daft 2009/04/02(Thu)16:34:43 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Admin    Write    Res
visitors
sponser
忍者ブログ [PR]